photo

株式会社 オオカワラ

製品
素材
キーワード・資格
保有技術

■フリガナ
カブシキガイシャ オオカワラ
■住所
〒 252-1121
神奈川県綾瀬市吉岡東3-2-25
■電話番号
0467774000
■代表者名
青木 泰士
■社員数
18名
■資本金
4600万円
■沿革
1954年6月 神奈川県川崎市小田町にて、有限会社大河原鉄工所創立、東芝電機株式会社の受配電盤板金加工および各種電気機器製缶加工を行う
1960年9月 資本金1,000万円に増資し、神奈川県座間市広野台に大河原工業株式会社を設立
1965年10月 東急車輌関係のダンプトラック用シャーシー、ゲート製作を開始
1975年1月 コンクリート消波ブロック、防波堤、河川海岸護岸ブロック用型枠を主製品とし、設計から製造までの一貫体制を確立
1987年10月 神奈川県綾瀬市小園に移転、最新設備を導入
1987年11月 資本金を4,600万円に増資し、株式会社オオカワラに社名変更
1990年10月 マトラー製3次元CADを導入
1999年7月 トルンプ製レーザー加工機を導入
2015年12月 トルンプ製ファイバーレーザー加工機を導入
2018年10月 カーテンウォール型枠設計、製作開始

株式会社 オオカワラ

PRポイント

最先端の技術と設備が伝えたいのは、人と自然と地球環境の融合です。

株式会社オオカワラは、コンクリートの型枠会社として、1975年から設計から製造までの一貫体制で取り組んでまいりました。
工場打ち型枠(2次製品)や消波ブロックの型枠など、精度を要求される型枠の設計から組立まで、全工程を弊社にて行っております。現在では、土木用型枠以外にPCカーテンウォールなどの建築用型枠でも評価をいただいています。
今後もお客様に確かな品質の製品をお届けするために、3次元CADやレーザ加工機などの最新技術と職人たちの熟練技術を組み合わせ、「高品質な製品」づくりを追求してまいります。